Honyaplan.

特殊紙器設計・デザイン・企画・制作 | ホニャプラン

人体骨格模型(ミニ)をつくる_その3胸骨_肋軟骨

前回に引き続き人体骨格模型(ミニ)です。

胸骨+肋軟骨をつくっていきます。

このパーツからスタートです

肋骨

Click to zoom
  1. はすでについているので 肋骨
  2. からつけていきます。 ミニは、完成させたい大きさに対して紙の厚みがあります。 千枚通しで差込スリットをあらかじめ開いておくと かんたんに差し込みができます。
    Click to zoom
    肋骨
  3. と肋骨
  4. を差し込んだところです。
    Click to zoom
    肋骨
  5. まで差し込んだところです。肋骨
  6. はすでにありますので 次は肋骨
  7. ,
  8. です。
    Click to zoom
    こんな形になります。ミニの場合、差し込みづらい場合は 上から貼ってしまいます。 ここまでできたら裏にして、胸骨、肋骨
  9. 、鎖骨の順にとりつけます。
    Click to zoom
    組み立ての時にやりにくければ、ピンクの線のところをカットして調節してください。
    Click to zoom
    Click to zoom
    ここまできたら、木工用接着剤を少量つけてふたをしめます。 上からテープでとめてもokです。
    Click to zoom
    オモテにして、胸骨でフタをするように折ります。 鎖骨を押さえるための、ふたつの耳には 木工用接着剤をつけておいて、折ります。

これで胸骨+肋軟骨部分ができあがりました。 おつかれさまでした。

次回:脊椎骨肋骨

紙に関することをはじめ、さまざまな課題を解決します。

メールでのお問い合わせ、オンラインでの無料相談は随時受付中です。

honyalogo
ホニャプラン株式会社〒400-0017 山梨県甲府市屋形2-1-39TEL:055-267-7577
© 2021 Honyaplan, Inc. All rights reserved./